ふれあい動物病院 電話:0176-51-0911 住所:青森県十和田市西二十二番町5-1
トップページ 病院案内 診療案内 サービス ペット情報 その他 リンク
グルーミング・トリミング
ペットホテル・お預かり
ウェルネス
▼ ウェルネスプログラム
▼ 予防医療の流れ
▼ 動物ドッグ・健康検査

ウェルネス
ウェルネスとは、動物が生き生きと暮らしていけるためのサービスです。当院では相談、アドバイスをはじめ、予防医療や健康検査など、さまざまなプログラムを提供しています。
ウェルネスプログラム

ウェルネスには以下のようなプログラムを用意しています。

・ 動物と暮らす前に、家庭に合った適切な動物選びの相談
・ 小仔(児)科医療
・ 動物の問題行動の相談
・ しつけ相談
・ 予防医療
・ 健康診断プログラム(わんにゃんドックなど)
・ 栄養科(食事療法含む)
・ 肥満のコントロール
・ 内科、外科、皮膚科など
・ 産科繁殖(不妊処置、人工授精)
・ ホテル(お預かり)
・ グルーミング、シャンプー、カットなど(犬、猫の被毛の手入れ)
・ 歯科(歯科治療、歯石除去、ブラッシング指導、抜歯など)
・ 老齢動物ケア
・ リハビリテーション
・ペットロスサポート相談(動物を失った時の飼い主様の心のケア)  など
ページトップへ戻る
予防医療の流れ
ワクチン接種
ワンちゃん、ネコちゃん、フェレットちゃんの体調はいかがですか?
食欲 体調の変化 便、尿の状態はいかがですか?
何か変わったことはありませんか?

予防接種は、病原体の成分を投与して、動物の体内で免疫を獲得させるものです。
イメージとしては、弱い病原体を投与して感染させその記憶を体にとどめさせて、実際の感染症に備えるものともいえます。人間の予防接種と同様、動物の体調が良いときに、接種することが重要です。

■問診表
下のボタンをクリックすると初診問診票がダウンロードできます。
ご記入いただいた上でお持ちいただきますと、診察までの待ち時間を短縮できます。
↓ 問診表をダウンロードしてお持ちください ↓
ワンちゃん用問診表 ネコちゃん用問診表
 
■問診
スタッフが問診を実施させていただきます。身体検査 順番がまいりましたら、診察室にお呼びします。身体検査を実施して、全身状態、心拍数、体温などのチェックをした上で、健康診断で問題がないようならばワクチン接種を行います。

ワクチンを接種した直後は、アレルギーが起こる可能性があります。診察が終了しても、注射をしてから15分程度は待合いでゆっくしておいてあげてください。

ワクチンを接種した日は、激しい運動は避けてください。 できれば、入浴、シャンプーも数日は控えてください。
フィラリア症予防
十和田市ではまだまだ多いのがフィラリア症です。現在は、予防をすれば100%かからない病気です。忘れず、あきらめず、予防をしましょう。
ページトップへ戻る
動物ドッグ・健康検査
健康診断、健康検査、半日ドックなど
新規健康検査 (外来診察時に実施しています。)

・初めて飼育される動物の健康検査、ケア(動物種:イヌ、ネコ、ウサギ、鳥)
・乳幼児健診(Well baby clinic)、
・飼育相談
・予防接種、予防計画

健康検査 (外来診察時に実施しています。)
・問診
・身体一般検査(視診、触診、聴診など)
・糞便検査、尿検査
・その他
・血液検査
・画像診断
動物ドック(半日ドック)(通常お預かりして実施しています。)
 生活習慣からメンタル、動物の個性にいたるまで総合的な判断、指導を行うようにしています。二次予防(早期発見、早期治療)に加え、一次予防と健康増進を重視した総合健診を提供しています。
動物ドッグの考え方
ドックに関する基本的な考え方は、「長い航海をした船はドックに入れ、船底についた貝殻をとりのぞき船体を塗りかえ、機関部などをチェックし、具合の悪い箇所を直して再び航海に出ます。これと同じように、長い航海をしてきた動物たちも、不具合が生じる事があります。たとえ動物や、飼い主様がわからなくてもドックに入り、具合の悪いところがないかどうかを調べ、もしあればその故障したところを早めに治し、故障がなければ動物の健康に自信を得てまた航路に出発する」と航海にもなぞらえます。
ドックを受けられ、早期に病気の初期を発見できた事例はかなり多く見うけます。
特に、イヌネコでは、7、8歳、フェレット、ウサギでは4、5歳の初老期から受けられることをお薦めいたします。
■イヌでの項目の一例
・採血
・身体測定、体脂肪測定、体長、体高
・血圧、酸素飽和度測定
・眼科 視覚、眼圧、眼底
・聴覚
・胸部X線
・循環器 心電図
・心エコー
・内視鏡検査(麻酔が必要です。)
・胸部CT、腹部CT(北里大学動物病院に依頼)
・MRI検査(北里大学動物病院に依頼)
・PET検査(北里大学動物病院に依頼)
肥満・過体重について
現在私たち人間は、過食、ハイカロリー食、運動不足などが重なって肥満傾向にあります。 動物たちのおかれた状況も同様で、調査によると、犬の4頭に1頭が肥満傾向にあり、加齢とともに体脂肪率が増加することが分かってきました。
肥満になると、人と同じように、疾病を引き起こす可能性が高まります。糖尿病、心臓病、腎臓病、肝臓病、関節疾患、腫瘍疾患などが挙げられています。動物に分かってもらうことは難しいので、飼い主様に理解していただき、私たちとともに健康、体重管理をしてゆきたいと考えています。
皆様の家族である動物たちは、いかがでしょうか?。
明らかに肥ってられる動物たち、予備軍、微妙で判断がつきにくい動物など様々な状態があると思います。
判別がつかない場合は、身体検査、体脂肪測定などを受けられればはっきりします。お気軽にお越しください。

■対応 飼主の意識の向上
・健康を考えて減量に時間がかかることを認識する。
・現在の体重を測定し肥満度を認識する。
・適正体重を知り目標体重を決める。
・現在のフードの種類と量を把握する。
・長い目でみて一時、体重が多少増減しても気にしない。
・フードの管理者を一人決める。
・フードを選ばせず、飼主が選択する。
・家族の協力が必要。全員で共通のダイエット意識を持つ。
・食事の時間を決める。(出しっぱなしにしない。)
・去勢・避妊の手術後は運動量が減り、基礎代謝量が低下することを認識する。
・体重を表にしめし、経過の写真を撮る等、減量を客観的に確認する。

ページトップへ戻る