ふれあい動物病院 電話:0176-51-0911 住所:青森県十和田市西二十二番町5-1
トップページ 病院案内 診療案内 サービス ペット情報 その他 リンク
病院案内
▼ 院長よりの挨拶
▼ 当院の案内
▼ 当院の特色
▼ 当院のポリシー
施設紹介
よくある診療風景
スタッフ紹介
アクセス
診療カレンダー

画像1
 
 
 
 
画像2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
病院案内
院長より ごあいさつ
Message from Hospital Director
動物たちは、私たちに安らぎや癒し、愛情、思いやりなどたくさんのものを与えてくれます。しゃべれないとしても、いろいろなことを語りかけ、働きかけてくれる動物たちは、かけがえのない存在です。動物のもとに行き、心や体の不調をいたわる動物医療を実践して、動物や飼い主様と ともに過ごす 喜びを共有したいと思っています。
私たちは病院に訪れてくださる一頭、一頭 そして、一人ひとりのために 自分や愛する動物と同様に尽くし、毎日、全ての患者に最善の治療を提供いたします。
当院は、病気の治療だけではなく、日頃からのケア、予防、食餌、情報の入手、グルーミング、お預かりなど様々なことに対応できます。
動物のスペシャリストたちが皆様をお待ちいたしております。
当院の案内
■病院情報
〒034-0094 青森県十和田市西二十二番町5-1 電話/FAX:0176-51-0911
メール:fureai-info@fureai-ah.com
■診療時間

【平日】   午前9:00〜12:00 / 午後15:00〜18:00
【土曜日】 午前9:00〜12:00
【休診日】 日曜日 / 祝日
※駐車場 5台

■サービス
狂犬病予防接種、混合ワクチン、フィラリア症予防、健康相談、外科手術、往診、入院、トリミング(イヌ、ネコのヘアーカット、シャンプー)、動物のお預かり
■診療動物
犬 / 猫 / 鳥 / うさぎ / ハムスター / フェレット / リス / モルモット / 爬虫類 / 野生動物
■診療科目
内科 / 外科 / 整形外科 / 内分泌科 / 皮膚科 / 腫瘍科 / 行動学科 / 神経内科 / 消化器科 / 泌尿器科 / 感染科 / 眼科 / 歯科 / アレルギー科 / など
■お預かり(ペットホテル)
動物のお預かりもしています。
イヌ、ネコ、エキゾッチク動物まで預からせていただいています。
当院の特色
ふれあい動物病院の姿勢

私たちは 動物たち、飼い主様、家族、社会に仕えます。

●いのちを一番優先する
   いのちを守れる獣医学を実践します。
●動物そして飼い主様を最優先する
   動物、飼い主様のしあわせの追及が私たちの使命です。
●あきらめない
   動物のいのちを左右する医療者が限界を感じてはいけないと考えています。
   何かプラスに貢献できることがあるはずです。
   希望を持ち、あきらめません。
●祈り
   動物、飼い主様、社会、スタッフ相互に役立つことを熱望しています。
   そして、プロフェッショナルとして向上したい。これらを心に念じ、祈っています。

   当院では、それぞれの動物の診療に最も適した医療技術と治療、およびケアを提供   することを目標に努力しています。
   私たちスタッフは、それぞれの動物と、共に生活する飼い主様の立場にたって考え、   動物と飼い主様の絆(Human Animal Bond :HAB)を尊重し、思いやりをもって
   コミュニケーション、診察、治療をしています。

   当院は動物のための病院であり、動物のことを一番に考え、人とのより良い関係を保   つことのできるようなスタッフ育成、環境作りを目指しています。

多種類の動物診療

犬、猫をはじめ、エキゾチックアニマルと言われるウサギ、フェレット、ハムスター、プレーリードッグ、リス、 スカンク、モルモット、アヒル、ニワトリ、インコ、オウム類、文鳥、イグアナ、カメレオン、カメ、トカゲ、タヌキ、キツネなどの診療実績がございます。相談、診療などに関してお問い合わせください。

当院のポリシー
私たちの考える動物病院とは Animal Hospital
   診療するだけではなく何が求められているか思考するホスピタリティがある場所
   病気はネガティブな状態だが、ポジティブ指向に向く場所
   情報発信基地
   元気が出る場所
   動物だけでなく、病院組織自体も生きた組織であると考えています。
私たちの考える動物とは Animal & Animal rights

   動物とは家族の一員あるいは伴侶である動物 
   そして野生動物たちを当院では対応しています。
   動物たちは正しいケア、最高のケアを受ける権利があります。

使命、理念 Mission
   動物たち、飼い主様、家族、社会に仕える
基本方針、行動指針 Basic Policy
  1. 私は、動物、飼い主様の問題を自分のものとして受け止め、直ちに解決します。
  2. 何事についてもあきらめず、最善を尽くすことを誓います。
  3. 私は、ふれあいのみならずコミュニケーションすべてを重要視し、動物、飼い主様の願望やニーズには、言葉にされるものも、されないものも、常にこたえます。
  4. コンパニオンアニマルの最良の友人、最良の理解者になるように努めます。
  5. 常に弱いどうぶつたちのもとに行き、常にどうぶつたちとと共に歩みます。
  6. 動物たちのために彼らに代わって話し、彼らがしてほしいことを代弁します。
  7. 地域へのどうぶつの理解、倫理、権利、の浸透に努めます。
  8. 家族の一員あるいは伴侶である動物を、美しく、健康に保ちます。
  9. 動物、飼い主、医療者、社会の 4者の幸福の追求、すなわちハッピースクエアーの実践に努めます。
  10. 病気の種類、ライフスタイル、価値観、社会の仕組みのめまぐるしい変化に柔軟かつ迅速に対応できる能力を磨きます。
  11. 私には、絶えず学び、成長し、向上する機会があります。
  12. 私は、自分のプロフェッショナルな身だしなみ、言葉づかい、ふるまい、知識に誇りを持ちます。
  13. 私は、動物、飼い主様、スタッフの仲間、そして動物病院の機密情報および資産について、プライバシーとセキュリティを守ります。
獣医師の誓い Veterinarian's Oath
獣医学の職業に従事するにあたり、下記のことを誓いかつ実践します。
  1. 社会のため、私たちの動物資源保存のために努めます。
  2. 動物の苦痛を除くために努めます。
  3. 社会のため、私たちの持つ知識を捧げます。
  4. 威厳をもって良心的に職業を実践します。
  5. 病気の動物の健康、その飼い主の利益 および一般の人々へ の福祉を、私たちは最も大事にします。
  6. いかなる時でも人道的に振る舞います。
  7. 必要な場合は麻酔を使用して苦痛を和らげます。
  8. 人間性に反したり、職業の倫理綱領に反して私たちの知識を 悪用するようなことはしません。
  9. 動物医療者、獣医師職の名誉と高貴な伝統を高めるために、 努力奮闘することを誓います。
  10. 私たちの名誉にかけて、これらの誓いを宣言いたします。

                  AVMA American Veterinary Medical Association July, 1969 より引用
                    アメリカでは、獣医学部の卒業式に学生たちが宣誓されることの多い宣誓                    文です。 当院の基本方針と近い内容で、私たちも支持しています。
ページトップへ戻る